qa20131119b 等温膨張のきのピストンの速度残っ

qa20131119b 等温膨張のきのピストンの速度残っ。カルノーサイクルは、準静的を仮定しているので、ピストンの惰性はないとします。カルノーサイクルで加熱後断熱膨張するのなぜか

高熱源よって等温膨張た後、熱源離す断熱のまま膨張続けます、
なぜ膨張するのでょうか 等温(T=const)で膨張(ΔV>0)するので、ΔP<0なり逆縮むよう思えます
等温膨張のきのピストンの速度残っているため、惰性で動いているのでょうか qa20131119b。外界の温度を水の凝固点よりも無限小だけ低くすれば, 等温の条件下でも系から熱
を取り出し水の凝固が進行しますが, 無限小 氷から自然に融解して水
になるのは, 自発的に低温物体から高温物体に熱が流れているのではないんですか
断熱変化における圧縮のときも, 膨張と同じように準静的過程の方が
体積変化が小さいにもかかわらず仕事量は小さいのですかこのサイクルを
繰り返していくと熱はなくなり, ピストンは自発的には動かなくなるのでしょうか

気体の状態変化。理想気体を封入したピストン付きシリンダーにおいて。外部から加えた熱量を [
] 。外部からの仕事を [] 。内部膨張させると外部から熱を奪い 。
等温膨張。圧縮すると外部へ熱を放出します 。 等温圧縮。
上で説明したように。内部エネルギーと温度は封入されている気体が漏れたり
しないなら実質的に同じものです。気体の温度を上げようとする際。加熱を
してもピストンが動いてしまうと分子のスピードが落ちてしまい。その分。余計準静的操作等温操作。熱力学では。この仕事とエネルギーの考え方を熱力学で扱う状況に合わせて
変化させていかなくてはいけないそして。仕事以外のエネルギー移動のという
わけで現実には存在しない準静的操作であるが。では現実とはどのように違うの
だろうか。色の透明度が圧力を表しているので。濃い色のところほど圧力が
高いと思ってよい真っ白な部分は真空に近い。さて。ピストンを引いて
みると。引かれた部分は気体を膨張させたことになるので。圧力が下がり温度も
下がる。

素早くピストンを引く断熱操作では温度が上がる。[] どうも^^/ 前回。等温過程と断熱過程の特徴の違いについて記事にして
みました。以下の通りの操作を行った後の容器内の最終温度はどうなる
でしょうか?タイトルは「ピストンを引く」と書いていますが。絵は板っぽい
ので「板を引く」と表現しておきます。番の操作は。引く場合気体が膨張
するも押す場合気体が圧縮するもゆっくり行っているので。準静的計算
力学技術者試験熱流体の級級に一発で合格するためにしたこと。

カルノーサイクルは、準静的を仮定しているので、ピストンの惰性はないとします。普通のエンジンだと、主として燃焼時の圧力Pと外部Po大気圧程度との圧力差によって、ピストンが動きます圧力のつりあいに至っても、慣性で行き過ぎるかもしれませんが、ピストンが有限な速度で動くと、気体内部に不可逆現象が発生します。カルノーサイクルでよく?となる点ですが、外部との力学的な差がないと膨張しませんけど、「準静的」という言葉で、内圧Pに対して外部からP-⊿P⊿Pは無減小を加える、可変負荷的なしくみが暗黙に仮定されています。ピストンが動くのは慣性力というのは正しいです。そして逆行なんてことは起こらないように設計されます。これは機構学の分野です。

Post Author: wfgfmyp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です