Excel 次の数字-前の数字/前~次の数字の空白セル数

Excel 次の数字-前の数字/前~次の数字の空白セル数。B列空白の時は線形補完した値をC列に入れるでいいですか。空白セルの補間VBAで行う方法探てます 「B列のデータ補間なら、C列データ入力する」
(B列書いてある式D列のおり)
Excelで行っているの、データ大量の場合、処理大変なので
VBAで処理たい考えてます

①B列数字入っている場合、数字C列
②B列数字入ってない場合、
(「次の数字」-「前の数字」)/「前~次の数字の空白セル数+1」×「前の数字の空白セルの個数」+「前の数字」
整数

なお、B列の一番最初の数字の前空白セルある場合、
B列の一番最後の数字ひっぱってきて処理ます
同様、B列の一番最後の数字の後空白セルある場合、
B列の一番最初の数字ひっぱってきて処理ます
なお、B列の数字の間隔まちまち

条件複雑のため説明間違ってたら申訳ありません…
添付画像のD列書いてある式正いので、そちら参考て頂ける幸い

よろくお願い致ます 規則性がない空白セルを除いた行に連番をふるには。関数は空白以外のデータの個数文字列も数値もを数えます。 列の
セルが数値である場合は。関数でも同様にできます。 しかしここで。気
を付けなくて

Google。スプレッドシートでは。ほとんどのデスクトップ スプレッドシート
パッケージで一般的に使用されるセルの数式をサポートしています。これらの
関数を使って。, , データ, オプション, つの
セル内に含まれるミニ グラフを作成します。 詳細テキスト, ,
数値, 規則の簡略度, 数値をローマ数字に変換します。 詳細数学,
, 範囲, 指定した範囲に含まれる空白セルの個数を
返します。 詳細セルの個数を簡単集計。指定範囲内の値が入力されているセルの個数を集計するのがカウント
関数です。カウントするのは数値の入ったセルのみで。文字列や空白のセルは
無視されます。数値のデータの総件数を集計したい場合などに。この関数が用い

データをカウントする/複数条件。データの数を数える; 使い方例入力済みセルの個数をカウントする/関数
。関数; データに条件を指定してカウントする; 使い方例1条件に合う
セルを数える文字列,数値以上?以下/関数Excel。入力した数値に桁を超える数字が含まれている場合。桁を超える桁数はに
変更されます。 この問題を数字がに変更されないようにするには。数字を
入力する前に一重引用符をつ入力します。 これを行うには。空白のセルを選択
し。単一引用符 &#; を入力して。番号を入力します。 すべての数字はセルにエラーを表示させないようにするには。今回の例では。列に比率=列/列が計算されていますが前年度の売上がの
場合。[#/!関数を入力する。セルをアクティブにし。[数式
]タブの[関数の挿入]をクリックします。関数を使う場合。「
商品」を空白にしたり。データにない数値を入力したり。数値でない値を入力
したりすると。#/などのエラーが表示されます=,
,,,該当商品無し次のような販売個数一覧を作成してみま
しょう。

COUNT。1 つのセル範囲に含まれる空白セルの個数を返します。 ○ 関数
関数は “数値” という値の種類を特定しているため。 が文字列や論理値

B列空白の時は線形補完した値をC列に入れるでいいですか?下記を標準モジュールにコピペして TestHokanマクロを実行してください。厳密なデバッグしていないので不具合があったらご容赦!——- 標準モジュールへまるごとコピペ ———–Option ExplicitSub TestHokanDim LastRw As Long ' 表最終行NoDim LastDtRw As Long ' B列有効データ先頭行Dim FirstDtRw As Long ' B列有効データ最終行Dim Buf As VariantDim i As LongLastRw = rangeA1.EndxlDown.Row FirstDtRw = rangeB1.EndxlDown.Row LastDtRw = CellsRows.Count, 2.EndxlUp.Row' 表をBufに読み込む Buf = rangeCells1, 1, CellsLastRw, 3' 先頭/最終の空白セルにデータを補充する If Cells1, 2 =Then Buf1, 2 = CellsLastDtRw, 2 If CellsLastRw, 2 =Then BufLastRw, 2 = CellsFirstDtRw, 2 Cells1, 2 = Buf1, 2 CellsLastRw, 2 = BufLastRw, 2For i = 1 To LastRw i = CompleBuf, i Next i' 結果を格納 rangeCells1, 1, CellsLastRw, 3 = Buf MsgBox End End SubPrivate Function CompleBuf As Variant, RwNo As Long As LongDim NxtDTRw As LongDim StDt As LongDim EdDt As LongDim Sa As LongDim Ksu As LongDim Compv As DoubleDim i As Long' B列に数値入っていればC列に代入 If BufRwNo, 2 Then BufRwNo, 3 = BufRwNo, 2 If RwNo = UBoundBuf, 1 Then Comple = RwNo Exit Function End If' 次行B列に数値入っていればリターンする If BufRwNo + 1, 2 Then Comple = RwNo Exit Function End If' 次の数値データまでを線形補完する NxtDTRw = CellsRwNo + 1, 2.EndxlDown.Row StDt = BufRwNo, 2 EdDt = BufNxtDTRw, 2 Sa = EdDt – StDt Ksu = NxtDTRw – RwNo Compv = Sa / Ksu For i = RwNo + 1 To NxtDTRw – 1 Bufi, 3 = IntCompv * i – RwNo + StDt Next iComple = NxtDTRw – 1 End Function——- End ——————————————>なお、B列の一番最初の数字の前に空白セルがある場合は、>B列の一番最後の数字をひっぱってきて処理します。B列の何処を基準に先頭か、最後かを決める部分が曖昧>同様に、B列の一番最後の数字の後に空白セルがある場合は、>B列の一番最初の数字をひっぱってきて処理します。B列の最終セルの番地を求める方法がなければ式が確定出来ないのでは?

Post Author: wfgfmyp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です