電力技術理論徒然草長谷コラム 電磁気学の質問なの円筒導体

電力技術理論徒然草長谷コラム 電磁気学の質問なの円筒導体。1。電磁気学の質問なの、円筒導体の内部インダクタンス求める時の鎖交磁束の計算でなぜr^2/a^2付くのかわないの意味ているのでょうか わかりやすく教えていただける助かります、、 お願い致ます円筒導体の鎖交磁束とインダクタンス。導体外部の鎖交磁束 図のように。半径が [ ] である円筒導体に電流 [ ] が
流れている場合を考える。 図 円筒導体 まず。電流 が作り出す導体外部の磁束
が。導体の長さ の部分を鎖交する数を求める。 図のようインダクタンス物語5インダクタンスの求め方。電磁誘導現象は電気のあるところであればどこにでも現れる現象である。第
図 自己インダクタンスの計算手順材料の透磁率μ。巻数。平均半径[]。断
面積[]であるとき。このソレノイドの自己インダクタンスはいくらになるか。
先に扱った直線導体は。第図のように導体内部を電流が均等に流れて
いると。同図のように。導体内の一がつくる磁束が円筒形導体茶色部
に同心円状にでき。この結果。電流と磁束が鎖交するので。そこに
インダクタンスが

電磁気学の質問なの円筒導体の内部インダクタンス求める時の鎖交磁束の計算でなぜr^2/a^2付くのかわないの意味ているのでょうかの画像をすべて見る。電力技術理論徒然草長谷コラム。抵抗?インダクタンスそして法則と電磁気学の始まり電流を流すと熱
を発する物を発見しました」というコメントには「私は抵抗器のことをきいて
いるのではありません。 電気用語のはなに?と質問しています」など
と聞き返します。たときだけ導体に起電力ε後述するように電源電圧
といてもよいが発生し。その発生電圧は磁束また我々は
有理単位系で鎖交磁束数 との比例係数をインダクタンス と定義して
いま す。

1.これは電験サイト内容は理解不能を含め広く流布している方法ですが、まさか、物理演習にまであるとは。まず、どこの電流とどう鎖交しているか不明です。だからどのような回路かもわからないのに巻数なんてもっとわからない。この本では drのリングの部分の鎖交磁束 dΦ=μHrdrを積分すればよいのに、何故か r2/a2を巻数として掛けています。つまり、すべてのことが不明確なまま適当に計算しているとしか考えられません。2.私はこんな分かりにくい論理より下記にしたほうが良いと思います。「インダクタンス Lのエネルギーは LI2/2、また、磁界が保持するエネルギーは μH2/2 と分かっている。したがって、電流Iによって、導体の内部にできた磁界の全エネルギーは、内部インダクタンスのエネルギーに等しい」とする。これによるとH=Iπr2/πa2/2πr=I/2πa2r単位長当たりの導線内部の磁界のエネルギーはU=∫[0,a]μH2/22πrdr=μ∫[0,a]I/2πa22πr2rdr=μI/2πa22π∫[0,a]r3dr=μI/4πa?a?/4=μI2/16π単位長あたりの内部インダクタンスを Liとすれば、そのエネルギーはUに等しいのでLiI2/2=U=μI2/16π → Li=μ/8π半径aの円の面積はπa2ここに電流Iが一様に流れている。では、その中の半径rの円の中に流れる電流は、面積がπr2なので、 Iπr2/πa2 = Ir2/a2となります。

Post Author: wfgfmyp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です