鉄道に関する技術上の基準を定める省令 電車の起動加速度上

鉄道に関する技術上の基準を定める省令 電車の起動加速度上。車両の重さが同じなら、ピーク電流は加速度に比例する。電車の起動加速度上げる、変電所への負担増えるの本当か 山手線205系→E231系500番台への置き換え時起動加速度3 0km/h/sへ向上、時変電所の改良行ったのでょうか 鉄道に関する技術上の基準を定める省令。第十八条 こう配は。車両の動力発生装置。ブレーキ装置の性能。運転速度等を
考慮し。車両が起動し。所定の速度で連続して運転する2 変電所等には。施設
に応じ。異常時に変電所の機器。電線路等を保護することができる装置及び消火
設備を設けなければならない。第六十五条 車両は。軌道及び構造物に対して。
当該軌道及び構造物の負担力より大きい影響を与えないものでなければならない
。鉄道総研の新しい燃料電池ハイブリッド試験電車。鉄道総合技術研究所は日。パワーを従来の倍に高めた新しい燃料電池
ハイブリッド試験電車が完成したと発表した。搭載機器の小型化?高性能化
によって起動加速度を高め。より実用に近づけた。

車両の重さが同じなら、ピーク電流は加速度に比例する。従って、変電所の負担は増える。ただし、加速度をあげることで、力行時間が短くなり、駅間が短い場合、走行電力は減少する。低加速時と同じ走行時間の場合 また、力行時間が短くなることにより、ブレーキの回生率は若干低下する。加速力をあげるには起動トルクを上げる必要がある、モータをの特性上起動トルクを上げるには流す電流量を増やさないとトルクが加増えない。おなじ電圧なら電流量を増やせば当然消費電力ワット数が増える。消費電力が増えると発電所の負担が増えるのは常識です。

Post Author: wfgfmyp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です