遠くて近き日本と欧州 よくわないのニュースでファーウェイ

遠くて近き日本と欧州 よくわないのニュースでファーウェイ。中国へ情報の漏洩の可能性があるため日本政府は政府内でファーウェイ他、中国製機器を使用しない姿勢である事を官房長官が発表した。よくわないの、ニュースでファーウェイのこ問題なってますよね 今、ファーウェイのスマホ使ってるん、か問題あるんでょうか Huaweiになにが起きているの。スマホ世界シェアで今夏を抜きの覇権に王手の華為技術。
ことの異常性がわかるつのポイントをまとめてどうぞ。ペーパーカンパニー
をつくって。アメリカが取引を禁じているイランにモノを売った容疑と報じられ
ていますよね。この種の話はよくあることだし。全部大統領の耳に入れている
わけじゃないんですよ。副会長逮捕のニュースが明らかになってから
も。トランプ大統領はロバート?ミュラー鬼検事大統領のロシアエッジのたたないポッドキャスト。がたたないようにのんべんだらりんと。ひとりしゃべりでお送りする
ポッドキャストです。本分前後を目安にしていますので。エッジのたた
ないポッドキャスト随分と涼しくなってまいりまして。コロナ第波も
落ち着いてきたような世の中ですが。皆様体調はいかがでしょうか。令和元年
月までに気になったニュース?問題のうしろにある新たな冷戦?
ワタシがオバケのハナシが好きなのは 中略 実はプログラミングと同じだよねと
思っているから関連リンク

ファーウェイ問題と5G戦争ニュース。インドは。国内通信インフラで中国通信機器大手の華為技術ファーウェイ
製品を排除する見通しだ。とする政策を立案する際には米国企業の利益を念頭
に置くことは間違いないとした上で。「開かれた政策」になるよう望むと述べた
。ファーウェイショックでスマホより深刻な。ファーウェイのスマホが買いづらいのはご承知の通りだが。実はタブレットも
非常に困った状況に陥っている。このままでは。タブレットがほとんど
売れない状況になってしまいそうだ。変わり始めた中国スマホメーカーの勢力図。おそらく偶然なのでしょうけれど。月日にファ ウェイと
シャオミ。中国でも最大手のスマ市場にコストパフォーマンスの良い製品を
並べることで量産効果を高めているため。とてもお買い得な製品が多いですよね
。ファーウェイはが使えないことを補うため。
を開発。提供しています。いますが。を使い慣れた人に尋ね
ても。をよく知る人に尋ねてもよくわからない端末となってしまう

トランプ大統領が「ファーウェイ製品を使うな」と言う本当の理由。トランプ大統領がファーウェイ製品を使わないよう要求したことについて解説
した。 編集部 公開。 —- 更新須田
違った角度からの話になってしまうのですが。是非理解して頂きたいのが。
例えばグーグルがありますよね。たりして。ヨーロッパでは「いっぱいデータ
を採るのは良くない。溜め込むな」というデータ規制の指令が出たりしています
が。日本に関してはどうでしょう?南シナ海問題に怒るアメリカ~米中冷戦の
幕開け世界シェア2位のスマホメーカー?ファーウェイの禁輸措置は。スマートフォン業界の最前線で取材する4人による。業界の裏側までわかる「
スマホトーク」。リスト」に加えたことで。事実上の禁輸措置ということに
なってしまい。大きなニュースとなっています。どうして今の状況になっている
のか。簡単に説明していただけますか?ファーウェイ自身は否定していますが
。香港にあるダミー会社を経由してイランと取引したんじゃないかという石川
氏。アップデートもできなくなっちゃうから。そこって痛いんだよね。

「遠くて近き日本と欧州」。英政府は。次世代通信規格「」から中国の通信機器最大手の華為技術ファー
ウェイを年までに排除するが世界で影響力を強めており。香港国家安全
維持法を施行し香港への統治を強化するなど。各地で強権主義が露わになって
いる。米政府は英政府にファーウェイ排除を執拗に要請してきたため。マイク
?ポンペオ米国務長官は「英国は信用の置けないハイリスクこの記事は
シリーズ「大西孝弘の「遠くて近き日本と欧州」」に収容されています。

中国へ情報の漏洩の可能性があるため日本政府は政府内でファーウェイ他、中国製機器を使用しない姿勢である事を官房長官が発表した。※同盟国アメリカの指示のもとですが。つまりファーウェイのモバイルを使用していると中国に情報が筒抜けしてしまうかもって事でしょう。今後、この事に対して危機感を持つ持たないは所有者次第だと思います。中国が、情報通信システムの基幹たるコンピューター内に不正侵入経路を構築する「バックドア=裏口」を密かに仕掛けたり、偽造ルーターにより中国工作員が米軍システムに侵入したりと、米国では以前から、華為技術ファーウェイと中興通訊ZTEの製品について、「情報を不正に改竄したり盗んだりする機能」や「密かにスパイ活動を実施する機能」と問題視されていた。中国の通信機器メーカーの華為技術ファーウェイと中興通訊ZTEの危険性はかなり前から指摘されていた。●2015.12.21 06:00野口裕之の軍事情勢中国製部品内蔵で自爆誘導される米軍兵器中国が関連機密情報を窃取しようとした米軍の最新鋭戦闘機F-35。今やおびただしい数の「米国製」を装う中国製ニセ電子部品が米軍兵器に内臓されてしまっている共同米シリコンバレーで研究?開発を続ける台湾系米国人技術者、K氏の求めに応じ、1回目の接触を試みたのは2014年夏であった。場所は、K氏が都内に設立したベンチャー企業R社。K氏の依頼は「開発技術が中国軍に狙われている」「恐ろしさを知らせたいので、○△省のしかるべき人物を紹介してほしい」との趣旨だった。K氏はFBI米連邦捜査局の保護下に置かれているが、不思議ではない。◆アナログ戦法で技術窃取手掛けた開発は最新鋭戦闘機F-35や無人偵察機の画像システムで、標的を瞬間捕捉し距離を正確に測定する、無人偵察機や「米空母キラー」=対艦弾道ミサイルの「目」に当たる。「目」が有ればGPSを必要とせず、自ら索敵することで電波妨害が支援する防衛網を突破できる。当然、米国家機密で、性能抑制した合法的民生品を開発すべくR社を設立した。R社は2020年の東京五輪?パラリンピックで、3D眼鏡なしで見られる次世代立体テレビ放送を目指す独立行政法人などの要請で、3D立体画像のリアルタイム伝送システムを受注した。間もなく、R社と関係する複数の日米企業に中国軍系通信機器大手の“社員”が接触してくる。技術は奪われなかったが、小欄の今次興味はここから先。中国軍総参謀部第三部隷下で北米担任の二局61398部隊か日韓担任の四局61419部隊辺りの、サイバー戦部隊の仕業と思ったら驚くほどアナログな戦法だった。そういえば米国家安全保障局NSAが《サイバー攻撃を防ぐ堅固な守りを、大昔のラジオ電波技術で撃破した》。米軍も「外国製」を擬装する中国製電子部品購入に因る戦力低下を許している。サイバー空間では攻撃が防御に比べ圧倒的に有利とはいえ防御力も向上しており、「人間」も現場投入する諜報戦はまだまだ続く。R社は3D画像処理用基本データを、特殊な半導体に書き込む予定だった。が、K氏も知らぬ間に、別の場所に移動→保管された半導体の真空包装は破られていた。中国軍系通信機器大手の“社員”が直接手に取り、読み取り器でコピーせんと謀った、とも考えられる。幸い書き込み前だったが、R社保有の機器にはサイバー攻撃を受けた痕跡が残り、防御壁に阻まれてアナログ作戦に変更したのかもしれない。今なお有効な手法だ。ドイツはリニア建設で中国に有償技術提供したが、高度技術は秘匿した。ところが夜、秘匿技術の窃取目的で“中国人技術者”らが上海の独工場に侵入し、設備を無断測定している場面を見つけられた。◆在米スパイ企業は数千社油断も隙もない中国も念頭に、米国の航空宇宙関連施設は1990年代、身分が確かな同盟国の研究?技術者以外、外国人は立ち入り禁止措置に。FBIは2005年、米国には擬装したスパイ企業が3000社在り、中国のスパイ活動が毎年、前年比20~30%増加中だと、経営者に異例の注意喚起を行った。ロシアは、凄腕のプロが1人で「バケツ1杯の砂」を持参するが、中国流は“アマチュア”も投入する。中国の教範《西側軍事科学技術の収集利用に関する長期計画》などによると《4000団体が政治?経済?軍事?医学?社会?教育?文化…全正面で、プロではないがスパイ教育を施した各分野の専門家を使い少しずつ情報を集める》。つまり、1人が「砂1粒」を集め、組織で「バケツ1杯」にする。中国は倒産やリストラ、定年で企業を出た日本人技術者を高報酬で招聘し、短期技術指導に誘う。社に内密での訪中は社内規則違反で、帰国後は協力者に成らざるを得ない。広東省では2006年、全宿泊客の身元をチェックイン後3時間以内に公安当局に通報する義務が課せられた。工作する技術?研究者らのリストアップのためだ。中国系スパイや自国の技術?研究者だけに気を付けても安全ではない。米上院軍事委員会の2009~10年調査では、少なくとも1800事例=100万点もの「米国製」などを装うニセ電子部品が発見された。70%が中国製で、▽暗視装置▽無線機器▽GPS付き砲弾▽哨戒?輸送機▽各種ヘリコプター、果ては主力を含む各種戦闘機▽早期警戒管制機▽迎撃ミサイル?システム内のコンピューターにまで混入されていた。ミサイルに粗悪な中国製ICチップを使えば、20%も命中精度を落とすという。◆自衛隊も総点検が不可欠「さすが海賊版王国」などと“感心”してはならぬ。自衛隊も同型や派生型を配備しているのだ。防衛装備庁はサプライチェーン部品供給網調査を始めたが、大手企業が協力的でも困難が伴う。防衛産業は下請け→孫請け…などピラミッド状に数百~数千の企業が絡み、細かな部品入手先まで掌握できない。米国も似た悩みを抱える。予算の減少傾向で、米軍調達部門は大手企業により安い兵器を求め、個人輸入者を含む門外漢企業も商機とみて飛び付いた。たどり着いたのが中国製マイクロチップなどだった。門外漢業者に対中危険認識は希薄で、米軍に粗悪品が拡散した。好機を見逃さぬのが中国。「海賊版」を取り締まらず、むしろ学習して米軍需企業と取引関係にある中国軍系在外トンネル会社に自称「非中国製」納品を促した。中国製粗悪品が原因と観測される米軍兵器の事故は少なくない。しかし中国軍介入で、最先端技術を駆使した非中国製を装う部品が「人間の口利き」で納品される、ある種の「ハイローミックス」脅威が生起した。米国家情報長官室は《不正侵入経路を構築するバックドアが仕掛けられた》と、FBIの軍需業界向け通達は《偽造ルーターにより、中国工作員が米軍システムに侵入できるようになった》と、それぞれ警告する。もっとも、NSAも2008年以降中国軍を最大標的に、メーカー内の協力者や工作員が出荷するコンピューターのハードやUSBの接続部分に超小型無線機を埋め込んでいた。無線機はデータを13キロ先の小型中継器に送信。逆に遠隔操作ウイルスマルウエア埋め込みも可能で、自爆装置を備える兵器を遠隔操作で誤作動させれば、兵器を内側から吹き飛ばせる。米中お互い様、ではある。自衛隊兵器に潜む「中国伝来部品」の総点検は不可欠だが、圧倒的多数を占める真正米国製部品も気になる。日米関係の変質で、米軍は戦闘力を削ぐ自衛隊兵器内の秘密装置をオン…政治部専門委員 野口裕之/SANKEI EXPRESS中国が、情報通信システムの基幹たるコンピューター内に不正侵入経路を構築する「バックドア=裏口」を密かに仕掛けたり、偽造ルーターにより中国工作員が米軍システムに侵入したりと、米国では以前から、華為技術ファーウェイと中興通訊ZTEの製品について、「情報を不正に改竄したり盗んだりする機能」や「密かにスパイ活動を実施する機能」と問題視されていた。中国の通信機器メーカーの華為技術ファーウェイと中興通訊ZTEの危険性はかなり前から指摘されていた。●中国製スマホに「スパイ機器」疑惑 危機的状況の日本…サイバー防御の法整備を急げ! 高市早苗元総務相に独占インタビュー2018.12.18中国の通信機器大手「華為技術ファーウェイ」の副会長兼最高財務責任者CFOの逮捕と並行して、米国や同盟国などで「中国製通信機器の排除」が進んでいる。共産党独裁国家による「軍事?ハイテク覇権」を阻止するものだが、具体的危険とは何なのか。海外から、1日に4億6000万回ものサイバー攻撃を受けている日本の危機的現状とは。国民への警告書といえる『サイバー攻撃から暮らしを守れ!』PHP研究所を上梓した自民党の高市早苗元総務相党サイバーセキュリティ対策本部長が、夕刊フジの独占インタビューに応じた。「私は早い段階から『中国製通信機器は使うべきではない』と訴えてきた」「『安価で性能もいい』として、日本を含めて世界各国で使用されているが、情報漏洩だけでなく、インフラや医療現場では命に関わる懸念もある」「非常に危機感を覚えていた」高市氏は、こう語った。日本政府は10日、名指しこそ避けたが、ファーウェイや、同じ中国情報通信機器大手「中興通訊ZTE」の調達を、事実上排除した。これに少し安堵したようだ。総務相は情報通信行政を所管する。高市氏は2014年9月から約3年間、同職を務め、日本がサイバー攻撃の脅威にさらされている、恐ろしい実態を知った。高市氏の著書などによると、2016年11月、米国防高等研究計画局DARPAから分離したセキュリティー解析ツール提供会社「Kryptowire」が、中国製スマートフォンに「バックドア」=外部からコンピューターに侵入しやすいようにする裏口が仕組まれていたと発表した。このスマホは72時間おきに、利用者の位置情報、通話履歴、連絡先情報、入力したテキストメッセージを、中国にあるサーバーに送信していたという。中国企業側は「ユーザーに正しいアップデート情報を提供するためだった」と釈明したが、それで納得?安心するユーザーがいるだろうか。高市氏によると、日本は今年、海外から1日に何と4億6000万回ものサイバー攻撃を受けているという。これは昨年に比べて、1日1億回も増加している。異常事態というしかない。情報漏洩の被害は数多く報告されている。インフラへの攻撃は、日本経済や社会生活を直撃しかねない。医療機関が被害にあった場合、手術中に医療機器がストップしたり、患者のデータが消されるなど、命に関わる事態も発生しかねないのだ。「悪意を持った人物が最新の技術を使う」「ペースメーカーなど『身体への埋め込み型の医療機器が遠隔操作できる』と聞いたときは正直、怖かった」高市氏自民党は昨年11月、安倍晋三総裁首相直轄の組織「サイバーセキュリティ対策本部」を設置した。2020年東京五輪?パラリンピックや、同年スタートする5G第5世代移動通信システムを見据えたもので、高市氏が初代本部長になり、対応に乗り出した。政府?与党は、来年の通常国会から、サイバー攻撃から日本を守るための法制度整備に入る。1サイバー攻撃への防御を固める2サイバー空間の動きを把握する3サイバー攻撃を牽制?抑制するという「3つの目標」の達成が求められるという。1では、これまで重要インフラ14分野電力や水道、金融、情報通信、鉄道などのうち、電力分野だけが電気事業法の関連省令でサイバー?セキュリティー対策を義務付けていた。そこで、関連法令における保安規則としてすべてに義務付ける。2では、ハッカー攻撃の発信源も特定する。米国ではほぼ確立しており、一度攻撃があれば相手国を名指しし、非難声明を出し、経済制裁まで踏み込む。それだけの根拠を手にしているのだ。日本にも発信源を特定できる民間の技術者はいるので、これを政府内に取り込んでいく。3では、日本にサイバー攻撃するリスクとコストを、相手に思い知らせる必要があるが、反撃する法的根拠がない。G7主要7カ国では「サイバー空間での違法行為には、反撃できる」と取り決めた。あとは国内法の整備なのだ。ただ、刑法ではウイルスの作成や保存は禁止されている。しかも、相手を特定して公表すれば、個人情報保護法に反する恐れもある。そこで、高市氏は「法改正のハードルが高ければ、刑法などにガイドラインを作り、その中で『こんな場合は例外だ』と明記したがよい」と提案する。こうした対策には、当然世論の後押しがいる。「国民一人一人が当事者だとの意識を持たなければ、サイバー攻撃のリスクからは逃れられない」「小学校から、情報モラル教育やプログラミング教育はやるべきだ」「保護者の啓発にもつながる」「サイバー攻撃からどう自分たちの身を守るのか、対応は遅すぎることはない」と語っている。●環球異見ファーウェイ事件と“米中冷戦”2018.12.17 11:00 ■フィナンシャル?タイムズ英国「情報盗まれるゾッとする現実」中国による通信機器を通じたスパイ活動に、米国が強い危機感を示した今回の事件をめぐり、英紙フィナンシャル?タイムズ電子版は7日の論説記事で、「世界中で情報が盗まれるというゾッとする新たな現実によって、スパイ行為が正体を現した」と指摘した。影に潜んでいたスパイ活動の問題が、今回の事件で明らかになり、市民生活に影響を与える課題であることも示している。同紙は英国、カナダ、オーストラリアの諜報機関幹部が、中国の活動に関する警鐘を鳴らすことに積極的になっていると分析。3カ国の諜報機関幹部が同様に、次世代移動通信システム5Gについて「信頼される企業だけで運用されるべきだ」と主張していることを紹介した。欧州においても5Gを使ったシステムは、携帯電話だけでなく自動車や冷蔵庫など生活のあらゆる場面に組み込まれ、便利さや生活環境の改善で期待されている。記事では、スパイ活動による軍事的な脅威だけでなく、「人々の生活」を守る上でも信頼できる通信網が必要であるとの認識を、英国政府などが示していることを強調した形だ。また、英紙ガーディアン電子版の6日の論説記事は、「西側の諜報機関が繰り返しインフラに華為技術ファーウェイが関与することへの懸念を取り上げている」として今回の対立構造が「中国」対「米国+同盟国」であることを読み解いた。米国に続き、5Gの通信網整備から中国製品を排除したニュージーランドとオーストラリアに加え、諜報機関幹部がスパイ活動の危険性に言及したカナダと英国の5カ国が、機密情報を共有する枠組み「ファイブ?アイズ」のメンバー国であることにも言及している。英BBC放送電子版は7日、中国の主要企業が「中国共産党政権の影響力」に縛られないかが問われていることを指摘している。坂本一之今すぐの個人使用に問題は生じないでしょうが、もし10年後に世界の端末やパソコンがすべて中国製になったら、世界中の、どの人間も中国?共産党を批判できなくなります。中国共産党を批判したら端末を通じて人物を特定されて、ある日、突然ドアが叩かれ中国の武装警察がやってきて連行されます。中国に連行されたら、ウイグル?チベットの方のように強制収容所に入れられるか、法輪功の犠牲者のように内臓を抜かれて殺されます。中国は世界を制覇するために、中国を批判する人物を強制連行して収容所に勾留するシステムを世界規模で構築しようとしていたのです。実際、今の中国本土では、中国共産党を批判するネット書き込みは全て監視され、削除され、共産党の急所を突いた書き込みをした人物は警察に連行されます。連行された人物は端末?パソコンの没収はもちろん、数ヶ月も勾留され、影響力の高い人物は勾留中に発ガン物質の多い食事を与えられ癌になって死にます。ノーベル賞をもらいながら中国に連行され監禁生活中に癌で死んだ劉暁波さんのように。中国本土では、「中国政府への批判を許さない完全な言論統制」は完成してしまったのです。中国共産党はそのネット環境を世界に広めようとしています。この野望はファーウェイのような端末会社と、中国が猛烈に研究している監視用のAIが組み合わさると完璧になります。今回のアメリカの動きは、世界の民主主義?言論の自由を、中国支配から救うギリギリの対応でした。このような恐ろしい野望は、小さなうちに完全に叩き潰す必要があります。「ファーウェイは安くて質も良いから問題ない」などと油断していると、上のような恐怖社会が実現してしまいます。中国の言論統制の恐ろしさは、「チャンネル桜」や「虎の門ニュース」などの保守ネット番組を見れば判ります。日本の地上波はNHKを始め、すでに買収されたか弱みを握られたかで、中国批判をできなくなっています。恐るべきことです。このような恐ろしい野望は、小さなうちに完全に叩き潰す必要があり、徹底的に排除すべきです。なおNHK改革は、来年の参議院選挙で「NHKから国民を守る党」を大量当選させることだけが現在の唯一の方法です。一度ファーウェイ端末のプライバシーポリシーを読んだ方がいいと思うよ。当社は、お客様の個人情報と個人特定不可情報を別々に保存し、それぞれ独立して使用します。Huaweiは、状況に応じて、当社の裁量でその他の目的のために特定不可情報の収集、使用、開示、転送を行う場合があります。と書いてあるんじゃないかな?心配不要です。「風評被害」ですよ。トランプや日本政府の対応は通信設備機器の事です。huawei社は世界最大手の通信機器メーカーです。その一事業部がスマホやPCなどを販売しています。輸入車でドイツのアウディがデータ不正申告をしてました。しかし、今でも大人気です。今回のhuawei問題と同じです。通信の中身を傍受されても問題ないなら全く関係ない事です。バックドアが最初から、ハードソフト両面で搭載されていると覚悟しておけば問題ない事です。ギャラクシー等もそうですが、国策企業での商品は危険性を無視すれば性能は悪くないので。情報が流れるという事で取り扱いに注意、と言っている人もいます。でもトランプ大統領も交渉次第で態度を変えると明言しています。本当に情報漏えいするとわかっているならそんな事言わないでしょう。

  • iPhone iPhone10は同じですか
  • kotoba 大日本帝国陸軍の将官になるとニッカボッカ乗
  • Favorite 嫌な事があってもどれも小さなことばかり
  • ごしょっこギャラリー 犯人探しが始まり大変だったので警察
  • :hobbyshop できる限り母親の気持ちに寄り添いた
  • Post Author: wfgfmyp

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です