眠れるライオン 花王ライオン石鹸事業スタートた企業で19

眠れるライオン 花王ライオン石鹸事業スタートた企業で19。一時期は、ライオンが多くのCMをうっていましたが、花王が化粧品バイオに着手したことで、化粧品の需要を掘り起こしに成功しました。花王ライオン石鹸事業スタートた企業で、1980年代頃売上高や営業利益な規模ほぼ同じでた ころ以降、両社大きな差開いてまい なぜでょうか 経営学第50巻第6号。や物流システムを中心とした大規模小売 業と卸売業との関係に注目した研究
原田 ;野村 ;中小企業 が進んでいる。在 庫を持たずに低
コストの高利益率経営を指向する大規模小売業の進展が流通構造に影響を与え た
が,眠れる「ライオン」。業績が低迷していた企業の復活物語では。往々にして。痛みを伴う大胆な組織
改革が焦点となる。だが。長らく「眠れる連結売上高は年ほど前から
億円強で推移し。完全に横ばい状態。その間。営業利益率は%程度で。同ケタ
後半だった最大手の花王と比べると。雲泥の差があった。 もちろん。今でも花王
との

花王。花王とライオンはともに石鹸事業からスタートした企業で。年代頃までは
売上高や営業利益などの規模はほぼ同じでした。ところがそれ以降。両社には

一時期は、ライオンが多くのCMをうっていましたが、花王が化粧品バイオに着手したことで、化粧品の需要を掘り起こしに成功しました。アジア圏など海外でも好調のようです。花王が多角化戦略を実行したからです。大失敗に終わりましたが、フロッピーディスクの製造販売まで手掛け、一時期業界トップでした。その後も化粧品、入浴剤、紙おむつなど、どんどん多角化を進めています。

Post Author: wfgfmyp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です