災害時における障がい者に対する個人的支援の有効性 卒業論

災害時における障がい者に対する個人的支援の有効性 卒業論。東日本大震災であれば、地域防災成功の最たる例が岩手県普代村の例です。卒業論文の中で避難の重要性ついて書いているん、過去大きな災害時円滑な避難よって被害抑えられた、いうのような例か ただ避難大切、いうか事例あったほう説得力増す思うん、調べてなかなか出てきません 災害時における障がい者に対する個人的支援の有効性。このような現状の中で。東日本大震災の被害を受けた地域へ継続的に訪問を続け
てきた自 身の経験や。仮設それに伴って発 生した津波。およびその後の余震
により引き起こされた大規模地震災害を指す。して「福祉避難所」や。「仮説
福祉施設」が規定されているものの。その他福祉サービスの女川町の保福寺
では。公的な救援物資が不十分な中。避難者が自ら集めた食料や。仕事上の
中でも。近所の支援というものの重要性が感じられるが。東日本大震災において
その教訓

東日本大震災であれば、地域防災成功の最たる例が岩手県普代村の例です。簡単に申し上げますと、?過去に発生した最大の津波の高さに合わせた防潮堤の建造?地域が一丸となって避難訓練を行うといったような対策により最小限の被害に抑えました。また、学校防災の面では、釜石の軌跡こと岩手県の釜石東中学校生徒の避難行動によって地域の避難行動を促進したという例がありました。さらに、成功か失敗か議論が分かれますが、岩手県宮古市田老地区における多重防災の取り組みも参考になるかと思います。田老の防災対策として?防潮堤、区画整備、夜間避難誘導板の設置等によるハード面での津波対策?地域行事からコミュニティーを確立し、災害時に生かせる組織づくり?昭和三陸大津波の語り部による防災啓発紙芝居の継続などなどによって、防災対策を行っていました。あと、同じ宮古市では、姉吉という地区において過去の津波到達場所に石碑を作り、石碑よりも下に家を建てるなという先祖代々の言い伝えを守った結果、人家に被害なしというところもありました。また、学校避難が地域に与えた好影響としては、「釜石の軌跡」こと、釜石東中学校の避難例などが内閣府や、岩手県の大学の研究で上がっているためこれらも参考になると思います。他の災害についてはわかりませんが、学術論文や新聞記事、政府?自治体の検証が多数残っているため、東日本大震災のコミュニティーに関する話だけでも沢山あります。とりあえず、私が知っている範囲での事例は以上になります。避難についての先行研究を調べた中で出てきているかもしれませんが、1986年の三原山噴火と伊豆大島全島避難は予防的避難の代表例でしょう。1991年雲仙?普賢岳噴火や2000年有珠山噴火も予防的な避難が成功した例ですね。一番有名なのは小泉八雲が記した「A Living God」でしょう。この物語は小泉八雲の誤解にもとづくものも含まれていますが、日本では一般に「稲むらの火」として知られています。濱口 梧陵の手記による記述が正確と思いますから、次の2つを参考にしてみてください。● 稲むらの火● 濱口梧陵 – 稲むらの火個人というより、自治体の対応という側面が大きいけど、有珠山の2000年噴火は、噴火前の予知情報が出た時点で避難行動が起こされた稀有な例。30年くらいおきに噴火するという火山の特性から、自治体が事前に行動マニュアルを持ち、訓練もきちんと行われていたことが大きい。卒業論文の中で避難の重要性について書いているんですが、過去大きな災害時に円滑な避難によって被害を抑えられた、というのような例はありますか?carv897さん?今日、NHK Eテレで「学ぼうBOSAI 東日本大震災 被災者に学ぶ「工場長~宮城?仙台市~」木 9時55分~10時05分 」『???宮城県仙台市の港近くにある工場が今回の舞台。10メートルもの津波が迫るなか、???工場従業員と付近の住民あわせて130人以上を避難させ命を救った。???避難場所に選んだのは工場内の小さな山だった。???』という放送がありました。「円滑な避難によって被害を抑えられた」例ではないでしょうか。NHKサイトには東日本大震災の避難例がたくさんあるのではないでしょうか。

Post Author: wfgfmyp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です