法治国家の場合権利行使国家代行させなければならない

法治国家の場合権利行使国家代行させなければならない。犯罪の被害者になったら警察に被害届けを出して警察に捕まえて貰うって事は、そういう事じゃないの。橋下徹さん「人権のひつ復讐権いう権利存在ている 法治国家の場合、権利行使国家代行させなければならない 」説いて

ような権利存在ているのでょうか 法治国家。法治国。→警察国家 – 国語辞書は万千件語以上を収録。政治?経済?医学
?など。最新用語の追加も定期的に行っ国家内部における客観的な法規の
定律及び行政活動の非党派性を保障して階級対立を緩和し。臣民の権利ないし
自由をを行使している場合は。この定義には当てはまらない。, 一方。実質的
法治主義の観点においては。法の形式だけではしなければならない外交部の
国際的義務があるが。少女像に対する市民社会の熱望に共感して尊重しなければ
ならない。

犯罪の被害者になったら警察に被害届けを出して警察に捕まえて貰うって事は、そういう事じゃないの?彼の法律論、解釈ですから???刑法による処罰を「被害者の復讐の一環」と解釈すれば成立しますし、「国家が治安維持のための手段」と解釈すれば成立しません。それは、彼自身が日本で色々と辛い目に合って来たからです。古い話ですが、出自が典型的な負い目であって、その様なシステムや差別者に対する復讐したいと言う深層があるのでしょう。最近、韓国よりの発言が目につきますが、これも彼自身の復讐心と、韓国の日本に対する復讐心が共鳴した結果であり、それを正当化するために復讐権という、わけのわからない権利を主張しているのだと推測します。なお、復讐権は、「目には目を歯には歯を」と諭す、イスラム教で認められているものです。これを根拠として、イスラム教徒は過激なテロを繰り返してきました。橋下氏も、思想的には、これに近い部分があり、要注意人物だと思います。犯罪に対して罰則があること自体、復讐を認めていると見えますけどね被害者以外の第三者には全く無関係な犯罪で犯人が罰せられるのはまさにそういう事ではないでしょうかそんな権利ない。そもそも人権は代行させるものじゃなくて、一人一人に保証されるものだから、橋下の主張はどこかおかしい。橋下は人権と自然権人間が社会を形成する以前に有する本来的な権利を混同しているのだろう。結論復讐権というものは存在していないとみるのが妥当でしょう。被害を受けたとき、復讐したいと思うのが、ほとんどの人の人情でしょう。しかし、その人情に基づくものを権利として認めてしまうと、際限のない復讐の繰り返しということにもなり、国家の安定が損なわれます。しかし考えてみますと、被害者感情などを量刑の中に反映させる場合というのも、実際にはあるようですが、これをもって復讐権の存在を肯定したものだとみまなすかどうかというのは、少し難しい問題のような気もします。このことについて、質問をしてみることにします。復讐権なんていってたら世界から法治国家とは認められないし、復讐を国家に代行させるとかもありえないまずもって法の公正さと復讐という考え方がそぐわない被害者に遺族がなければ復讐は存在しないのか?とか例えば殺人なら、遺族の有無で量刑が変わることはない復讐権の行使の有無でいったい何が変わるのか?とかあちこちで論理破綻しそう現代社会において復讐権は、ないと考えるのが妥当でしょう。死刑廃止の主張に対する論として持ち出されているものであると言えますが、無理筋だと思います。江戸時代であれば仇討ちが制度化されていました。しかしこれは、親など上位の尊属が殺害された場合のみに許されたもの。かなり限定的です。赤穂事件忠臣蔵の元ネタも仇討ちとすべきかどうか、議論が分かれる様です。現在どちらかと言えば子供が殺されたことに対してその親が「許せない!」となる事が多い実際許せない事ですがですが、これは仇討ちには当たりません。それに現在は民主主義の時代。家族よりも個人個人の尊厳が重要な時代です。家族の尊厳が個人より優先された江戸時代の制度や考えによる仇討ちは、現在では否定されるべきでしょう。死刑制度は矯正不能な殺人者を世に出さない事が大きな目的であると言えるでしょう。また、死刑制度は、多くの国民の支持を得ていますが、その議論は、復讐の様な私念によるものにならない様に配慮すべきだと思います。

  • 令和2年度 この間校長先生とお話をした時に伝え忘れた話が
  • こんなときどうするの 業者まで頼むと考えていますがチャタ
  • LX2ぱしゃ 和三盆体験は行ってみたいですけど雪の可能性
  • 代引き不可 上半身には歯磨きも含まれてしまいます
  • 麒麟がくる NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の9月分が終わ
  • Post Author: wfgfmyp

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です