太平洋側と日本海側の気候の特徴に違いができる理由 雨温図

太平洋側と日本海側の気候の特徴に違いができる理由 雨温図。モンスーン=季節風で、モンスーンとは偏西風のような通年同じ方向に吹いている風恒常風と異なり、時期によって吹く方角が変化する風のことを指します。地理の季節風などついて
雨温図などよく使われている季節風やモンスーンいうのどういうのなのかよく分かりません
加え、雨温図読み取るき季節風こうなる 、だ?、のような説明の仕方上手く出来ず、理解できない…
誰か解説て下さる方いないでょうか よろくお願い致ます 太平洋側と日本海側の気候の特徴に違いができる理由。つの雨温図を見比べて。太平洋側静岡では夏に降水量が多く冬に少なく。
日本海側金沢では冬に降水量が多いこと太平洋側。日本海側で降水量の
特徴が異なる理由は季節風モンスーンにあります。夏の季節風は太平洋側
から日本列島に吹き付け。冬の季節風は日本海側から日本列島に吹き付けている
様子が理解できるはずです。まず。湿気を含む風が山を越えるには標高が高い
所を通らなければなりません。しかし。雨温図をよく見るとある疑問が生まれ
ます。

送料無料。ローズテクニーは寝ている間に出来る積極的な健康をコンセプトに誕生した
メーカー直送のためは出来ません。どちらも同じくらいよく使われるので,
どちらが出てきても同じものだと認識なぜなのか?このモンスーンアジア
における季節風の風向きは皆さんが持っている資料集などになぜだかわかり
ますか?

モンスーン=季節風で、モンスーンとは偏西風のような通年同じ方向に吹いている風恒常風と異なり、時期によって吹く方角が変化する風のことを指します。例を交えて説明しましょう。例えば、下の雨温図はミャンマー?ヤンゴンの雨温図ですネットから拝借しました。ヤンゴンでは、6?8月頃に降水量が大幅に増加していますが、これはこの時期にインド洋から吹く温暖湿潤な「南西モンスーン」によるものです。このモンスーンはインド洋から吹き付けるため湿潤な風となっており、東南アジア地域を中心に雨季となります。一方、12?2月の冬季はほとんど降水が見られません。これは、中国やロシアなど大陸方面から吹く乾燥している「北東モンスーン」によるものです。北東モンスーンは、南西モンスーンとは真逆の方角から吹いており、大陸を縦断してくるために水分を含んでおらず、乾燥した風となります。そのため、風下側のミャンマーでは乾季となり、降水量が激減するのです。上記のように、モンスーンにはそれぞれ特徴があります。ただ、モンスーンは国によっては特徴が異なる場合もありますので注意が必要です。例えば、赤道を越えた南側?南半球では雨温図が真逆になる。など…

Post Author: wfgfmyp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です