剛体のつり合い?力のモーメントの公式?解き方まとめ ある

剛体のつり合い?力のモーメントの公式?解き方まとめ ある。n個の質点の重力による点oまわりの力のモーメントの総和Tn=Σ[i=1~n]MigXi-O????????????????1n。物理証明<モーメント> 「N個の質点構成される質点系あり、各質点重力働くする ある点o関する重力のモーメントの総和、重心集中た全重力点oの回り持つモーメント等いこ示せ 」剛体のつり合い?力のモーメントの公式?解き方まとめ。このページでは剛体のつり合いや力のモーメントについて詳しく説明した後に
実際に問題を解いてみることで。学ん質点。物体を質量をもつ一つの点と
みなしたときの点のこと。回転軸の周りに剛体を回転させる能力のことを。力
のモーメントといい。ただし。回転軸を。力点を。力の大きさを。の
距離を。から力の作用線に下ろした垂線の長さまた。棒が一様であるという
条件から。棒の真ん中重心に重力がかかると考えることができます。

ある点o関する重力のモーメントの総和重心集中た全重力点oの回り持つモーメント等いこ示せの画像をすべて見る。

n個の質点の重力による点oまわりの力のモーメントの総和Tn=Σ[i=1~n]MigXi-O????????????????1n :質点の総数Mi :質点iの質量g :重力加速度Xi :質点iの位置O :点oの位置n個の質点の重心は力のモーメントがつり合う点なので、Σ[i=1~n]MigXi-C=0Σ[i=1~n]MigXi-Σ[i=1~n]MigC=0C=Σ[i=1~n]MigXi/Σ[i=1~n]Mig???????2C :n個の質点の集合体の重心各質点の重力による重心まわりのモーメントがつり合って質点の集合体が回転しないので、各質点の重力の作用点を重心に平行移動することができ、その総重力はMg=Σ[i=1~n]Mig????????????????????????3M :n個の質点の総質量この重心にある総重力による点oまわりのモーメントはTc=MgC-O=Σ[i=1~n]MigC-O=Σ[i=1~n]MigC-Σ[i=1~n]MigO=Σ[i=1~n]MigΣ[i=1~n]MigXi/Σ[i=1~n]Mig-Σ[i=1~n]MigO=Σ[i=1~n]MigXi-Σ[i=1~n]MigO=Σ[i=1~n]MigXi-O??????????????????4ゆえに、各質点の重力による点oまわりの力のモーメントの総和と、重心に集中した総重力による点oまわりの力のモーメントの総和は、1式と4式に示したように等しい。

Post Author: wfgfmyp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です