ファントムサングローかける50%でファントムでう50%ト

ファントムサングローかける50%でファントムでう50%ト。以前。ファントムサングローのモルフ計算ついて

ファントムサングローかける50%でファントムでう50%トレンパーアルビノいうの他の知恵袋で見 自分なり計算てみたの計算合わないのでお詳い方

自分で計算た結果
16分の
4→トレンパーアルビノ
8→サングロー
2→トレンパーTUGスノー
2→ファントムでた ファントムサングローかける50%でファントムでう50%トレンパーアルビノいうの他の知恵袋で見の画像をすべて見る。

以前 私がファントムとサングローのモルフ計算について回答いたしました。まず、あなたのモルフ計算は間違っているのと、レオパのモルフが理解出来ていないですね。モルフ計算の前に、①サングロートレンパーアルビノサングローはトレンパーアルビノ中で黄orオレンジ一色でバンド、ストライプなどの模様柄がない個体に付けられたモルフです。タンジェリンとスーパーハイポタンジェリンも同じ ②ファントムとトレンパーアルビノTUGスノーは同じです。TUGスノーはカナダのTUG社がリリースした個体で、トレンパーアルビノTUGスノーをファントムという名前を付けてリリースしました。次にモルフ計算ですがファントムとトレンパーサングローについてですが、①トレンパーアルビノは劣性遺伝ということを理解して下さい。トレンパーアルビノの遺伝子をTA、ノーマルの遺伝子をNとすると、子供は両親から、一つづつ遺伝子をもらいます。この時TA:TAホモの時のみ、トレンパーアルビノが発現します。TA:Nヘテロの時はノーマル表現となります。モルフの終りにhetトレンパーアルビノなどとあるのはこの状態です。ファントムとトレンパーサングローは両者共トレンパーアルビノトレンパーアルビノの遺伝子をホモで持っているので、100%トレンパーアルビノが生まれます。②TUGスノーの遺伝は優性遺伝です。TUGスノーの遺伝子をTS、ノーマルの遺伝子をNとするとTS:TS、TS:N、の状態でTUGスノーが発現します。一般的にはTUGスノーはTS:Nの遺伝子とされています。サングローはN:N ファントムはTS:Nの状態なのでこの組み合わせでTS:NTUGスノーになる確率は1/2 N:NTUGスノー発現しないになる確率も1/2です。よってTUGスノートレンパーアルビノファントム50%、トレンパーアルビノ50%となります。だだし、柄についてはサングローの様なものから、普通のトレンパーアルビノまで、様々なものが生まれます。

  • 歌などで今 最近この曲がタイで流行しているようなのですが
  • あなたは大丈夫 病みツイしない愚痴を言わないみたいに傷つ
  • コンドーム コンドームがあればよかったと思う時はなかった
  • 中2の確率です この2問を樹形図でとく方法を教えて欲しい
  • 好きな先輩 好きな先輩がLINEでだいすきって書いてある
  • Post Author: wfgfmyp

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です